2008年12月22日

ミスト

★★★★ 一番怖かったのは扇動的な狂信者の女性でした。ひとりだったら、ただ頭のおかしな女と言われるだけなのに、ひとたび集団の力を持つと、異常な意見も通ってしまうのです。

ラストはショックでした。
これからどう生きていけばよいのでしょう?

災害や人災でこんな場面に陥ったら、
私も主人公と同じことをしようと以前から思っていました。
でも、その後にこのラストのようになってしまったら、立ち直れない。 まあ、順番からして、知ることはないんでしょうけど。


posted by ゆい at 00:50| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111531492

この記事へのトラックバック

『ミスト』――心理描写よりも理不尽の描写が際立つ
Excerpt:  登場人物が全滅した方がマシだとすら思う、救いようもないラストが最も印象深い。後味の悪さで映画史に名を残しそうだ。  閉鎖されたショッピングセンターに閉じ込められた人々の中で、次第にパニックとヒ..
Weblog: 常楽ブログ
Tracked: 2009-04-12 18:28

『ミスト』を観たぞ〜!
Excerpt: 『ミスト』を観ました『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』のコンビ、原作スティーヴン・キングと監督フランク・ダラボンが描くパニック・ミステリーです>>『ミスト』関連原題: THEMISTジャンル:..
Weblog: おきらく楽天 映画生活
Tracked: 2009-06-19 08:55
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。