2008年12月22日

闇の子供たち

★★★★★決して名演技ではなくても、タイの子どもたちが一生懸命自国の問題を演じているのが痛々しかったのです。 彼らがとても頑張ってくれたおかげで、この映画を観ることができたんだと思いました。 撮影自体も大変だったのではと想像します。

一方、日本の出演陣はビッグな方々ばかりで驚きです。出演者に恵まれたのですね。 彼らのおかげで、この作品はマイナー映画扱いされなくて済むのではと思います。

いろんな問題を含んでいるので、考えることがたくさん出てきます。
「この映画を見たらそれで終わり」になるのは残念なことです。
後味はよくありませんが、観る価値はあったと感じました。







posted by ゆい at 02:29| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

闇の子供たち
Excerpt: 闇の子供たち (2008)今回の映画は、「闇の子供たち」です。本作「闇の子供たち」は、タイで行われている幼児売春や臓器密売の実態について、その事実を知った人々の視点から描く社会派サスペンス・ドラマです..
Weblog: 映画DVD・映画ブルーレイ「やわらか映画」
Tracked: 2008-12-28 18:14

「闇の子供たち」 DVD
Excerpt: 「闇の子供たち」のDVDを見ました〜♪ この映画も、劇場公開してるときに観に行きたい!って思ってたんですけど、観にいけなかったんですよね・・・(^_^;)  この映画の内容が、100%事実..
Weblog: 観たよ〜ん〜
Tracked: 2009-04-09 20:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。