2008年12月22日

地球でいちばん幸せな場所

★★★孤児の花売り娘が自分の居場所を求めて頑張る姿が微笑ましく、応援したくなります。

貧しくても孤独でも、たくましく明るいのです。自分の幸せは自分でつかまなくては。 遠慮なく突き進む姿は見習うべき。 何事も前向きパワーが大切ですね。

飼育係のお兄さんと、美人フライトアテンダントのお姉さん、彼らの関係も、普通ならあり得ませんが、求めるものが一致したということでしょう。 大事なのは豊かな暮らしではなく、豊かな気持ちなのです。

ほのぼのとした映画でした。
posted by ゆい at 03:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。