2008年12月22日

ダークナイト

★★★★★バットマンとジョーカーの真っ二つに分かれる善と悪。両者とも鬼気迫る名演技で、いわゆるヒーロー映画でここまで深く感動するとは、自分でも驚きでした。

レイチェルとハービーが危機に陥ったシーンは、ブルースよりバットマンであることを選んだ男の悲劇。ハービーもまた、とんでもないことになってしまいます。

稀に見る善悪の戦いですが、ジョーカー役のヒース・レジャーの死により、もう対決が見られないのが残念です。

他の共演者もそれぞれ見せ場があり、盛り上がる映画でした。あまりにもよかったので、私は三回も観ました。



posted by ゆい at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111538502

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。