2008年12月22日

ザ・ローリング・ストーンズ/シャイン・ア・ライト

★★★★★ミック・ジャガー最高です。 私はファンでも何でもありません。 ローリング・ストーンズなんて今までよく知りませんでした。 あやしいオジサンバンドだという知識しかなかったのです。
でも、現役の伝説バンドってどんな感じかと観に行ったら、もうすごいのなんの。 となりの席の人もノッってました。

今まで聞いたことのあるメロディが、このグループの曲だったんだと初めて知りました。

いろいろ悪い噂もあるバンドですが、悪いことをいくらやっても、仕事の出来が良ければ許される、そんな芸能界の甘さもちょっと理解できました。

音楽性より、バンドの勢いがすごくて、スーパースターのオーラを感じました。 ヒューマン・パワーのご利益がありそうな気がします。

ホントにビックリのめっけもんでした。 だからって、今後の来日公演に行ってみようなんて思わないですよ。 高いですからね。 映画でこんなに間近で見られてよかった。 映画の方がスタジアム公演よりずっとよくわかるはずです。
posted by ゆい at 09:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111540172

この記事へのトラックバック

ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト■ストーンズ...
Excerpt: ニューヨークのビーコンシアターにおけるザ・ローリング・ストーンズのライヴの一夜をフィルムに凝縮したのが、この作品。圧倒的なエネルギーに満ちたスペクタクルである。冒頭から、スコセッシのこの作品にかける思..
Weblog: 映画と出会う・世界が変わる
Tracked: 2009-03-08 19:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。