2009年01月07日

永遠のこどもたち

★★★★★ 悲しいファンタジーなのかと思っていたのですが、結構ホラーあり、ドキドキのサスペンスありの、意外な展開でした。

一番怖かったのは、子どもたちが出てきそうで出てこないところです。 あんな怖いかくれんぼは、したくありません。

魔法使いのような老婆も実に不気味で、全部この老婆のせいかと最初は騙されてしまいました。

ラストの集合シーンは泣けましたが、その後のお話はなくてよいと思いました。 その前に、目をそむけたくなるシーンもありました。

私はもっとファンタジー色を強くして欲しかったです。
しかし見応えがありました。 もう一回観たいです。
posted by ゆい at 22:11| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

永遠のこどもたち :大阪ヨーロッパ映画祭
Excerpt: 『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・ドロをプロデューサーに迎えて 制作されたスペインのホラー映画。アカデミー賞外国語映画賞スペイン代表 作品やゴヤ賞7部門などなど、多くの賞を受賞した作品。孤児..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2009-01-14 19:56

「永遠のこどもたち」永遠が見える日
Excerpt: 「永遠のこどもたち」★★★★☆ ベレン・ルエダ 、ジェラルディン・チャップリン 、マベル・リベラ 出演 J・A・バヨーナ監督、2008年、スペイン、メキシコ、108分 「何だ、こ..
Weblog: soramove
Tracked: 2009-01-22 23:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。