2009年06月09日

サガン 悲しみよ こんにちは

★★★★ 公開を楽しみにしていました。 期待通りの作品でした。

あまりにも若いうちに世界的な成功をおさめたサガン。
莫大な財産を築いたであろうと思われますが、先日、今なお彼女の借金を息子が払い続けているという記事を目にして驚きました。

この映画ではサガンのシニカルな面がうまく表現されていました。
サガン役の女優、シルヴィー・テスチュの、いつもちょっとふくれっ面をしているような表情は、いかにもプライドの高いパリジェンヌという感じです。

いつも誰かに愛して欲しい、そばにいて欲しいと願う寂しがり屋でありながら、人に愛情を注ぐのは苦手だったと見えるサガン。
どの恋人のことも本当に愛しているようには見えませんでしたが、実際はどうだったのでしょうか?

前述の息子(カメラマン)が、映画と違って「母親にはちゃんと愛情を注いでもらっていた。映画の結末と実際は多少違う。」と話していました。
映画のための脚色はだいぶあると思われますが、大多数の人が抱く彼女のイメージの方を映画は大事にしたのでしょう。

改めて、サガンの著作を読み返したくなりました。

posted by ゆい at 14:20| Comment(0) | TrackBack(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121148596

この記事へのトラックバック

サガンー悲しみよこんにちはー(’08)
Excerpt: 今年初頭、渋谷Bunkamuraル・シネマで「ブロードウェイ♪ブロードウェイ」を見た時、ロビーの予告ボードでこのサガンの伝記作を知って、サガンは手元の外人作家の在庫で一番本が多く、好きな作家の1人で、..
Weblog: Something Impressive(KYOKOV)
Tracked: 2009-06-11 10:46

サガン 悲しみよこんにちは
Excerpt: サガン 悲しみよこんにちは (2008)今回の映画は、「サガン 悲しみよこんにちは」です。本作「サガン 悲しみよこんにちは」は、フランスの女流小説家、フランソワーズ・サガンの波乱の人生を描いた人間ドラ..
Weblog: 映画DVD・映画ブルーレイ「やわらか映画」
Tracked: 2009-06-12 15:24

「サガン ―悲しみよこんにちは―」破天荒な生き方とは彼女の一生...
Excerpt: 「サガン ―悲しみよこんにちは―」★★☆ シルヴィー・テステュー 、ジャンヌ・バリバール 主演 ディアーヌ・キュリス 監督、2008年、122分 、フランス            ..
Weblog: soramove
Tracked: 2009-07-13 07:38

mini review 10486「サガン -悲しみよ こんにちは-」★★★★★★☆☆☆☆
Excerpt: 18歳で文壇に華々しいデビューを飾り、生涯を通して自由人であった小説家の人生を追う人間ドラマ。破天荒な言動で世間を騒がせつつも、実は孤独で繊細(せんさい)な彼女の真の姿に迫る。まるでサガンの生き写しの..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2010-09-18 19:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。