2010年04月30日

愛の物語「やさしい嘘と贈り物」

★★★★★世界中の人が優しい人に思えてきます。
主人公が老いた男女で、地味ですが、
静かな愛に包まれた珠玉の作品です。

ロバートが勤めるスーパーの店長は、
ロバートがもうほとんど仕事が出来ないのを承知で、
彼をサポートしてくれるようなアルバイトの男性を雇います。
その男性は、高齢者と過ごしたことがあるという経験により採用されたのです。

高齢者に優しく接することは、命令されて出来るものではありません。
電車の優先席で、メールしたり、大声でワイワイしゃべったり、酔って足を投げ出して眠っている、元気そうな若者を見かけます。
彼らは、優先席に座るべき人が目の前に立っていても、気づかぬフリをすることさえあります。

そんな若者はこの映画の存在さえ知らないことでしょう。
彼らに是非観てもらいたいものです。

ロバートとメアリーの恋物語は、メルヘンのようですが、
後半、ガラリと変っていきます。
ロバートの悲しみ、メアリーの悲しみは、
まだ老いていない私にも、しっかりと理解できました。
誰でもいつか老人になるのです。
尊敬の念と愛を持って接しなければと思いました。




posted by ゆい at 17:36| Comment(6) | TrackBack(10) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

衝撃「クロッシング」

★★★★★北朝鮮で暮らす、貧しいながらも愛に包まれた家族の悲劇です。

このままでは病気の妻が死んでしまう、もうどうにもならないと思った夫は、
危険を承知で中国へ渡ります。
しかし不法滞在が摘発され、良かれと思った支援者の計らいで、
韓国へ行くことになってしまいます。
彼は北朝鮮では高価で手の届かなかった妻の治療薬が、
韓国では無料で配布されていることを知り、驚きます。
自分は命がけで国境を越えて来たのに、
韓国は北朝鮮とは段違いに豊かなのです。
神様も韓国にしかいないように思えてきます。

彼は愛する妻が亡くなり、息子が自分を探していることを知ります。
息子はまだ子どもなのに、大変な思いをしていました。
ナチスの収容所のようなところにも入れられてしまいます。
今なお、こんなところがあることに驚きます。
どこまでがフィクションなのでしょうか?

この父子が望むのは決して豊かな生活ではなく、
ただ家族揃ってささやかに暮らしたい、それだけだったのです。
それだけのことが、北朝鮮ではできなかったのです。

政治的な意味合いは、あまり感じられませんでした。
北朝鮮と言うと、拉致被害者のことしか知らなかったのですが、
餓死寸前の状態の人がたくさんいるようです。
脱北が大変なことはわかりましたが、
北朝鮮の困難な状況を、もっと詳しく知りたいと思いました。

ただただ、この家族の痛みと悲しみが伝わってきました。
後半は、涙なくしては見られません。
けなげな少年が可哀そう。
お父さんが可哀そう。
もう泣きっぱなしでした。


posted by ゆい at 17:06| Comment(2) | TrackBack(10) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

恐ろしい話「ブルー・ゴールド 狙われた水の真実」

★★★★水の尊さを教えてくれる有意義な映画でした。でも、あまりに知らなかった真実が多すぎて、ちょっと怖くなってしまいました。

各地の名水を購入し、飲み比べている自分が恥ずかしくなりました。
石油よりも貴重な水を求め、世界が大変なことになっていたとは全く知りませんでした。
巨大企業と地域の人々の意識の差、アメリカの大統領一族が水資源確保のため、土地を買い占めていることにもびっくりしました。

食事はしなくても水さえあればだいぶ生き延びられると言います。
昔話の世界のように、川の水が普通に飲めたらどんなに素晴らしいことでしょう。でも、そんなことはもう不可能です。
せめて、大事に使うことを心がけようと思いました。
posted by ゆい at 03:44| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おいしい「ジュリー&ジュリア 」

★★★★メリル・ストリープの演技はさすがでした。
ジュリアの妻としての悩みをほんの一瞬の表情で表現し、夫への愛も、料理への情熱も、ユーモアを交えながら描いています。

私は、ジュリアのことをもっと知りたいと思いました。
お料理の仕方などを、詳しくジュリアから聞きたかったです。
妻を支える夫としてジュリアの夫は申し分なく、なんていいご主人なんだろうと思いました。

50年後のジュリーの話にはあまり興味が持てませんでした。
ジュリアとジュリーの話が代わる代わる出てくるのが、少し興ざめでした。
あまりにも2人の目の輝きが違っていて、半世紀の時代の差を感じるのですが、違和感があって、こちらの意識がブツンブツンと切れてしまうようでした。

ジュリアは自分のため、そしてアメリカ人にわかりやすくフランス料理を広めようという大きな心だったのですが、ジュリーは少し了見が狭いように見えました。
妻として見ても、なんだかジュリーの夫は可哀そうな感じがしました。

posted by ゆい at 03:13| Comment(0) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

癒しの「蘇りの血」

★★★ストーリーはわかりにくかったのですが、
色彩がちょっと変わっていて、癒しの幻想世界の雰囲気でした。

「蘇生の湯」は現代で言えば、パワースポット。
きっと、その湯に入れば、力がみなぎってくるのです。

大王の世界は俗世の醜いケガレの地。
そこに、掃きだめに鶴のごとく美しい姫がいます。
姫がどうしてそこにいるのかの説明はありませんが、彼女はそこから逃げる勇気がなく、あきらめています。

姫が「蘇生の湯」にオグリを連れて行ったのは、きっと自分のためでもあったのでしょう。

最後にまた別のお湯が登場するのですが、このシーンは後味が悪かったです。
「再生」だけで終わって欲しかったです。
蘇ることで十分なのであって、復讐などする必要はないと思うからです。

オグリは人を癒す按摩なのですが、いくら天才でも自分を癒すことはできません。 他者の手助けが必要なのです。 でも助けてと言わなくても、自然と導かれていくのが大いなる者の力のようでした。

posted by ゆい at 02:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

意義ある映画「未来の食卓」

★★★★★映画として観るならばごく普通のドキュメンタリーかもしれません。しかし、とても意義のある作品です。製作意図がストレートに伝わってきます。

豊かな日本でも、食卓の全てをオーガニックにするのは大変です。
食材を調達することが大変ですし、値段も高いです。
意外だったのは、アレルギーを持つお母さんたちがわが子のために働き掛けたのではなく、村長さんが始めたということです。

この映画では給食のことしか描かれていませんが、この村長さんは、きっと政治家としても優れた人物なのではないかと思います。
時代の先端を行く村長さんに、最初は村の人たちはちょっと困惑気味。これは食から始まる村の健康改革です。人々は食事以外のことでも身体に悪いものを見分けるようになっていきます。

子どもたちと給食係の大人との会話が楽しいです。
授業で野菜を育てたら、食べ物を大事にする子になりますね。

日本でも学校給食に疑問を持つ人は多く、学校に改革を求めたり、子どもに学校の給食を食べさせないで、手作りの弁当を持参させるお母さんも結構いるそうです。子どもがアトピーで給食が合わないという理由だけではないのです。

きっとそういう人たちは、この村に移住したくなるでしょう。
移住は無理でもしばらくホームステイしたくなります。
私ももし結婚して子どもが生まれたら、こんな安全な給食の出る学校に子どもを通わせたいです。
食がしっかりしている学校なら、きっと先生や子どもの精神も安定していて、イジメも少なく、学力も向上すると思います。

農薬の恐ろしさを本当に知っているのは農薬を扱っている人です。
農薬散布する夫の身体を気遣う奥さんがとても不安そうでした。
様々な病気の原因であるという決定的な証拠はありませんが、関連は明らかだと思います。

真面目な内容ですが、風景など美しく明るい映像で、子どもたちの様子にほのぼのしてきますし、未来の食卓へ希望が持てる、素晴らしいドキュメンタリー映画でした。

posted by ゆい at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「クヌート」かわいかったです

★★★「クヌート」とにかくゴロゴロかわいくて、見ていてホンワカした気分になりました。

世話をする動物園飼育係のトーマスさんが本当の母親のようでした。
クヌートを本当に愛しているのがわかります。
トーマスさんが亡くなったのが本当に残念で、悲しくなりました。

クヌート以外にも2つの地域のクマが登場します。
ホッキョクグマの親子がひたすら旅を続ける様子からは、大自然の厳しさを感じました。よく生き抜けるものだと感心しました。
ヒグマの兄弟はお母さんが死んで本当にかわいそう。頑張って生きて欲しいと思いました。

その2組に比べて、クヌートのなんと恵まれていることか。
彼は餌の探し方も知らない。とても北極では生きていけません。
動物園という人工的な世界に生まれたからには、最後まで人間が面倒みるべきでしょう。
子どもたちのアイドルなのですが、複雑な気持ちにもなりました。

posted by ゆい at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

「シネマ歌舞伎 怪談 牡丹燈籠」観てきました

★★★★★
歌舞伎鑑賞の時にイヤホンガイドは必須です。
私は歌舞伎は嫌いではないのですが、そんなに数多く鑑賞していないので知識がなく、たまに母に付き合いますが、つい寝てしまいます。

しかし、今回シネマ歌舞伎を見て、わかりやすくて楽しいのに驚きました。
今回は特別わかりやすい内容だったみたいです。なので、眠たくありませんでした。
舞踊や唄のシーンがほとんどなかったせいもあると思います。
踊るのを見ているとどうしても眠くなってしまいますから。

伝統芸能も時代と共に変わっています。もっといろいろ自由にやっている歌舞伎もありますね。スーパー歌舞伎もすごいです。
古典的歌舞伎も残すべきだと思いますが、そのままでは観客は減る一方ですから、彼らもいろんな形で努力しているのでしょう。
こんな舞台を何度か見たら、もっと難しい舞台もしっかり鑑賞できるようになれそうです。

さて、今回は歌舞伎座ではなく、東劇のスクリーンでの鑑賞でしたが、隅々まで見やすくて、ところどころアップになるので、一緒に行った母も、歌舞伎座より見やすいと喜んでいました。
母は同じ舞台を実際に観てますから間違いありません。
何度でも見たいと言うので、行ってきたのです。

しかし、いくら見やすくても、どうせ観るなら母はやっぱり歌舞伎座の方がいいと言っていました。母は片岡仁左衛門のファンです。相手役は玉三郎が一番だといつも言います。 確かにお似合いで、昔は美男美女カップルで大人気だったというのもわかります。

絶世の美女役の玉三郎より、今回の長屋の女房・お峰役の方が好感が持てました。声の出し方もお姫様の甲高い声より、古女房の低い声の方が自然で面白かったです。 しかし、玉三郎も慣れてないのか、ついつい途中で声が高くなりがちでした。

玉三郎が「女優」として出た現代劇も観たことがありますが、私は何より今回のお峰が一番しっくりきました。

「牡丹灯籠」はあちこちに話が飛んで、せっかくの豪華キャストがちょっとしか出番がなかったりで、じつに贅沢な作りでした。
この勢揃いがこの値段で見られるなんて感動的です。
笑いましたが、あくまでも歌舞伎として笑えるというレベルです。

純粋歌舞伎ファンにはどうなのかわかりませんが、たまに舞台を見る程度の母と私はとても楽しめました。私はもっと歌舞伎や能や狂言を観たくなりました。
posted by ゆい at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「人生に乾杯!」行ってきました

★★★★
素敵な作品でした。
若い頃のふたりのドラマチックな出会い。
ひと目で好きになり、つい助けてしまったのも納得のヘディの美しさです。

しかしそれから年月は経ち過ぎてしまいました。
経済力はないけれど、もう働ける年齢ではないので、毎日何をするでもなく、アパートで居心地の悪い思いをしている夫エミル。

ヘディは堂々と落ち着いていますが、今の生活を情けなく思っています。彼女の唯一の誇りは、貴族だった昔、身に着けていたイヤリングなのです。

エミルは強盗になることで、埋もれていた毎日から飛び出しました。
とてもうまく行くとは思えないのに、犠牲者も出さず、平和的に犯行を重ねます。

後にヘディも合流するのですが、ふたりは久しぶりに恋人同士のように見つめ合うのです。

彼らが指名手配されて、街の人々が応援するのがとても面白かったです。こういう形で社会にアピールするのは、平和的なテロリストと言えるのではないでしょうか。彼らの犯行をきっかけに、ハンガリーの高齢者の経済問題が解決されることを望みます。

ラストがとてもよかったです。

posted by ゆい at 14:15| Comment(0) | TrackBack(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

路上のソリスト

★★★★ ずば抜けた音楽の才能がありながら、精神病のために一般社会から少しはずれた生き方をしてきたナサニエル。
ナサニエルと記者ロペスの間に友情は成立するのでしょうか?

ボランティアは大変難しいです。
病気の人、貧しい人、困っている人は、プライドが高いものです。 言葉には大変気を遣います。
「かわいそうな人を助けてあげている」という自己満足を、彼らは敏感にキャッチし、心を閉ざします。
中途半端に「手を差し伸べる」と、傷つけてしまうのです。
対等に付き合い、自分の行為に責任を持たなければなりません。

ナサニエルが途中で激高します。
そんなこと気にしなくてもと思うところですが、
ロペスはそこまで気を配らなければならなかったのです。
それは記者としても大切な姿勢です。

良心の油断を突いた、鋭い作品だと思いました。

ナサニエルの演奏は思ったほどでもなく、
もう少し音楽シーンを楽しみたい気もしました。
posted by ゆい at 14:56| Comment(0) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サガン 悲しみよ こんにちは

★★★★ 公開を楽しみにしていました。 期待通りの作品でした。

あまりにも若いうちに世界的な成功をおさめたサガン。
莫大な財産を築いたであろうと思われますが、先日、今なお彼女の借金を息子が払い続けているという記事を目にして驚きました。

この映画ではサガンのシニカルな面がうまく表現されていました。
サガン役の女優、シルヴィー・テスチュの、いつもちょっとふくれっ面をしているような表情は、いかにもプライドの高いパリジェンヌという感じです。

いつも誰かに愛して欲しい、そばにいて欲しいと願う寂しがり屋でありながら、人に愛情を注ぐのは苦手だったと見えるサガン。
どの恋人のことも本当に愛しているようには見えませんでしたが、実際はどうだったのでしょうか?

前述の息子(カメラマン)が、映画と違って「母親にはちゃんと愛情を注いでもらっていた。映画の結末と実際は多少違う。」と話していました。
映画のための脚色はだいぶあると思われますが、大多数の人が抱く彼女のイメージの方を映画は大事にしたのでしょう。

改めて、サガンの著作を読み返したくなりました。

posted by ゆい at 14:20| Comment(0) | TrackBack(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと

★★★ マーリーが実に世話の焼けるペットで、だからこそ子どもと同じく家族の一員というのがよくわかる、ワンちゃん物語でした。

飼い主のカップルが忙しいのに根気よく面倒を見ているのに感心しました。 私ならこんなオバカ犬は飼いませんけどね。

最後のシーンはもう涙、涙。

犬は散歩の友になる、寂しい時に一緒にいてくれるという意味では頼りになる存在です。

子どもたちにとってはとても良い生きた教育素材と言えるでしょう。

最近、動物映画やDVDを選んで観ています。 結構癒されます。
鑑賞後はペットが欲しくなりますが、別れの辛さも描いているので心配なのです。世話をしきれないかもと躊躇してしまいます。



posted by ゆい at 19:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リリィ、はちみつ色の秘密

★★★★ 女の子の家出物語から黒人差別へと思いがけない展開だったので、びっくりしました。

黒い聖母像、悲しみを積み上げる妹、白人なら眼をそらしてしまいそうです。

登場する全ての黒人女性が実に魅力的でした。
特に養蜂業を営む長女は貫録たっぷりで、この女性から目が離せませんでした。

黒人差別はアンクルトムの時代だけのものではなく、ついこの間までこんなに激しいあからさまな差別があったのですね。いまだに根深い意識は残っていると思いますが、法律的には平等です。

リリィの父親はちゃんとした救いがないまま終わってしまい残念でした。 彼の人生も何とかしてあげたかったです。

最初と最後は少女の感覚で描かれて、主張も激し過ぎず淡々としており、素晴らしい作品でした。
posted by ゆい at 18:47| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハーヴェイ・ミルク

★★★★★ ショーン・ペンの『ミルク』の原作ということなので、比べてみたくなったので観ました。
当然ですが、内容は似ています。

こちらは「本当の」ドキュメンタリーで、いろんな事件や人が出てきますが、『ミルク』を先に観ていたので、とてもわかりやすかったです。(順序が逆でなくてよかった。)

そして『ミルク』ではグッと来ただけだったのに、
このドキュメンタリーでは、なぜか涙がジワっと出てきました。
(ミルクの死んだ後の行進シーンとか)
それもこれも、『ミルク』を観ていたからこそです。

早く死んだからこそ伝説となった人だと思いますが、
あまりにも短い活動期間でした。
政治家としてはこれからが本番って時に亡くなったのですね。

ぜひ、『ミルク』を観てから、こちらをどうぞと言いたいです。
ふたつをダブらせて観るのがおすすめです。

posted by ゆい at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミルク

★★★★★ ショーン・ペンの演技に感動しました。素晴らしい。
ミルクがカストロ通りの市長と呼ばれるほど人気が高かった様子がよくわかります。 カリスマタイプだったのですね。

そして彼を応援した人たちのことも、それぞれを美化せず描いていました。演じた人たちもみな魅力的でした。

同性愛について、当時職を失う程の偏見があったなんて、知りませんでした。

ジョシュ・ブローリンも名演技です。
ミルクに惹かれながらも、自分の殻を破れない頑ななタイプの人間として、憎み切れない悪役を演じていました。

みんなで頑張って作り上げたという好感の持てる作品でした。
優秀な人が集まったという印象です。



posted by ゆい at 17:32| Comment(0) | TrackBack(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビバリーヒルズ チワワ

★★★★ 人間より高価な洋服やネックレス、靴、帽子…。何とも鼻につくチワワちゃん。

冒険の途中、チワワの集団の中で大きく声を上げるところでは、クロエは自分が本当は何なのかを悟るのです。
思わず拍手したくなりました。

着飾っているのは本来の姿ではないこともわかるのです。
しかし、きっとクロエは今後も着飾って生きていくのでしょう。

クロエの用心棒の元警察犬は、途中から野良犬になったけれど、自分の戻る場所はやはり警察なんだと悟ります。

動物のアイデンティティ確立の映画でした。

ペットも警察犬も盲導犬も競走馬も動物園や水族館のスターたちも、すべて人間が作り出したもの。
彼らはもはや、ほったらかしにされては生きていけません。
本来のあるべき姿に、もはや戻せない動物たちなのです。
人間はちゃんと責任を取らなくてはならないんだと思いました。

ストーリーとは直接関係ありませんが、
そんなことを感じるのは私だけでしょうか。

しかし、単なる動物映画としても楽しめました。
動物が直接話しているのは面白いし、
アニメよりは実写だから現実味が増します。
もちろん、ファンタジーですけれど。

人間は全員、魅力なく印象に残らない。
動物だけがよかったです。

クロエは生意気だけど、とってもカワイイ!
シェパードも男気があって、カッコイイ!

今度はこの警察犬を主人公にした作品が観たいです。
ダーティ・ハリータイプのやり手はみだし刑事犬として、
シリーズ化したら面白いかもしれません。

posted by ゆい at 17:02| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

チェ 39歳 別れの手紙

★★★★★ やはり、2作とも観ないと、理解できませんね。
前作「チェ、28歳の革命」は見せ場も多く、見応えがありましたが、
今回は、多少地味な印象は拭えません。
しかしゲバラの伝説的な最期を描くことで、
哲学的な面をより多く感じることができました。

現代からみると、なぜ血で血を洗うような武力に訴えなければいけないのかという疑問が残ります。
あの時代、立ち上がるしかなかったのでしょう。
しかし、命がけで勝利を手にしても、
結局、一般人の生活はあまり変わらなかったのです。
だから、ボリビアの兵士も農民もゲバラを支援しませんでした。
革命は手段のひとつであり、目的は国を良くするためのはずなのに。
現地の人が革命を望まないなんて、悲しい限り。
よそ者が騒いでいるだけということになってしまいます。

キューバにとどまれば、優雅な生涯を送ることができたゲバラ。
彼は理想主義者であり、革命後のキューバに失望していたのかもしれません。現実的な政府とは噛み合わなかったのでしょう。

彼がどこかの国の首相になっていたら、
いったいどんな社会体制ができていたでしょう。
彼の目指した理想社会を見てみたいものです。
きっと、ゲバラは不眠不休で、そして笑顔で働いていたことでしょう。
posted by ゆい at 23:09| Comment(0) | TrackBack(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チェ 28歳の革命

★★★★★ 革命の英雄、チェ・ゲバラ。
有名な革命家ですが、詳しくは知らなかったので、
血生臭い戦争映画は好きではないのですが、観に行きました。

彼が革命のカリスマになっていく様子がよくわかりました。
ゲバラの人柄や信念については理解できました。
主人公を多少美化してしまうのは当たり前です。

この時代になぜこのように革命が起こったのか、
もっともっと詳しく世界情勢を盛り込んで欲しかったです。
国連での演説等は、ドキュメンタリー風でよかったです。
アメリカが悪者という感じでしたが、仕方ありませんね。

長い映画でしたが、あまり時間は気になりませんでした。
とても見応えがありました。
真面目に作った映画だなあと思いました。
ゲバラの本も読んでみたくなりました。

posted by ゆい at 22:41| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

永遠のこどもたち

★★★★★ 悲しいファンタジーなのかと思っていたのですが、結構ホラーあり、ドキドキのサスペンスありの、意外な展開でした。

一番怖かったのは、子どもたちが出てきそうで出てこないところです。 あんな怖いかくれんぼは、したくありません。

魔法使いのような老婆も実に不気味で、全部この老婆のせいかと最初は騙されてしまいました。

ラストの集合シーンは泣けましたが、その後のお話はなくてよいと思いました。 その前に、目をそむけたくなるシーンもありました。

私はもっとファンタジー色を強くして欲しかったです。
しかし見応えがありました。 もう一回観たいです。
posted by ゆい at 22:11| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天国はまだ遠く

★★★睡眠薬で自殺を図り、マヌケにも自然に目覚めてしまったら…。 まだ死ぬ気が残っていたら、もう一回試みることでしょう。ひとりだったら。

しかし、宿の主人のさりげない心遣いで、少しひと休みする気になり、のんびりしているうちに、だんだん気持ちが変わっていくのです。 とても美しい田舎の風景で、観ていて私も癒されました。

悩んだ末の、のんびりのひと休み…私も経験あります。
その時のことを思い出すと、この主人公がどうして悩んでいるのか知りたくなりました。

しかし、そのあたりは曖昧で、よく分からないのです。
あまりにもその説明がないので、ノー天気な女の子に見えてしまいました。 映画の印象も薄くなりました。
宿を訪ねるカレの印象も薄いです。

宿の主人役の人はお笑いの人だそうですが、俳優さんでも十分やっていけるのではと思いました。 役柄にとても合っていました。

posted by ゆい at 21:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。